暴力団幹部ら4人が警視庁に逮捕された。

東京・新宿区の歌舞伎町で、見ず知らずの男性に因縁をつけて、集団で暴行し、けがをさせた疑いで、暴力団幹部ら4人が警視庁に逮捕された。
指定暴力団住吉会系の幹部・原田英俊容疑者(41)ら4人は、2016年5月、歌舞伎町のビルの入り口で、見ず知らずの男性(36)に、「https://www.eniblo.com/rtyrtaer http://iralog.nosv.org/b/rtyrtaer/何こっち見てんだよ」などと因縁をつけて、集団で顔や頭を殴るなどして、けがをさせた疑いが持たれている。
原田容疑者らは、「今度、歌舞伎町で見たら殺すぞ」と言って立ち去ったが、防犯カメラの映像から4人の関与が浮上した。
調べに対し、一部は容疑を否認している。
JR静岡駅前で衣服を脱いで下着姿になったとして、静岡県警は7月8日、公然わいせつの疑いで女性(43)を現行犯逮捕した。警察の取り調べに、女性は「暑かったから脱いだ」と供述しているという。

報道によると、女性は7月8日午後1時40分ごろ、JR静岡駅前の広場で突然、下着姿になった。ブラジャーとパンツだけを身に着けている姿を通行人が見つけて、警察に通報した。女性の足元には、ポロシャツとズボン、サンダルが脱ぎ捨てられていた。

スポーツ報知によると、県警は「このままではエスカレートする可能性があったので、逮捕という判断になった」と説明しているという。はたして、ブラジャーとパンツだけを身につけている姿になると、「http://vururu.jp/profile/14644/ https://www.wish-note.com/u/rtyrtaer公然わいせつ罪」になのだろうか。奥村徹弁護士に聞いた。

徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦の県道で、

12日午後0時5分ごろ、徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦の県道で、同市の会社員男性(51)運転のトラックと、対向してきた同県板野町の会社員男性(25)運転の乗用車が正面衝突し、火が燃え広がった。
 http://lets-robot.com/userinfo.php?uid=8736 http://www.ft86-life.com/userinfo.php?uid=442鳴門署によると、車で通りかかった格闘技「K―1」の選手の小宮山工介さん(30)が、炎が迫る中、ドアが開かなくなったトラックの窓ガラスをひじ打ちで割るなどし、周囲と協力して2人を救出した。署によると、乗用車の男性が足を骨折し、トラックの男性は胸を強く打った。小宮山さんもひじを負傷した。

 小宮山さんは朝日新聞の取材に「助け出して5分ほどで車は2台とも炎上した。間一髪でした。これまで格闘技をやってきてよかった。人のために役立つことができてうれしい」と話した。
民進党蓮舫代表が自身の戸籍謄本を公開する方針を示したことについて、山口二郎法政大教授は11日、ツイッターで「政党の消長よりも、日本における基本的人権にかかわる重要な問題」と指摘し、「これは絶対に譲ってはならない一線だ。公的な活動、発言をするときに、自分は真正な日本人であることをいちいち挙証しなければならないなんて、全体主義国家だ」と書き込んだ。

 また、山口氏は「民進党基本的人権の観念を理解しない政党なのか。日本の法律に則って選挙に立候補し、国会議員になっているという説明で十分ではないか」ともつぶやいている。

http://vururu.jp/profile/14643/ https://workshift-sol.com/users/view/102009

ビールを愛してやまない1人のオーストラリア人男性が

AFP=時事】ビールを愛してやまない1人のオーストラリア人男性が、国内線でラガービール1缶を唯一の荷物として預けてみたところ、丁寧な荷物係のおかげで無事に目的地まで届けられた。

【関連写真】荷物のタグが付けられたビールの缶

 http://dream-share.jp/users/profile/592 http://pepakura.info/userinfo.php?uid=1735搭乗手続きでビール1缶を預けたのはディーン・スティンソン(Dean Stinson)さん。メルボルン(Melbourne)の空港の地上勤務員を楽しませるように、ビール缶にはタグが付けられ、スティンソンさんの唯一の預け荷物としてベルトコンベヤーで飛行機に積み込まれた。

 スティンソンさんは空港で働く友人と一緒に「笑いを取るためだけに」この計画を立てたと語り、大切な荷物がパース(Perth)までの4時間の空の旅を無事に乗り切ったのはうれしい驚きだったと付け加えた。

http://www.necopic.com/content/users/75 http://whisper.vivian.jp/mt4.2/mt-cp.cgi?__mode=view&blog_id=1&id=92 スティンソンさんはビール缶が無事に到着したことについて「全くもってすごいと思う!」「おまけにそれ(ビール)は完璧な状態だったんだよ」とAFPに語った。

戦闘の前線は西部に移っていたが、

約3年間にわたり過激派組織「イスラム国」(IS)に支配されたイラク北部モスルで、最近まで支援活動を行っていた国際医療支援団体「国境なき医師団(MSF)」の萩原健さんが帰国し、現地の惨状を語った。

http://www.travelog.jp/user/profile/mp_profile_edit.php3?userid=erytruqr https://sns.beamie.jp/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=87757  イラクのアバディ首相が「モスル奪還」を宣言したのは10日。その直前の4カ月を目撃することになった。

 東京都内で取材に応じた。萩原さんは2月、モスル東部に開設されたMSFの病院に派遣された。イラク軍が1月にISからの解放を宣言した東部は、病院の建物が戦闘で破壊され、電気・水道も完全に止まっていた。縫合糸や針といった基本的な医療用具もなく「全ての公立病院は完全に機能停止していた」と着任当時を振り返る。

 戦闘の前線は西部に移っていたが、迫撃砲や爆発物、地雷による負傷者が病院には連日のように運ばれてきた。萩原さんは、病院の医療活動に必要なあらゆる環境の整備を担当していた。戦況と、必要とされる医療をいち早く把握し、現場を指揮した。

 3月末のある日、チグリス川沿いに迫撃砲が着弾したと情報が入った。間もなくタクシーで運ばれてきた瀕死(ひんし)の負傷者は、ランドセルを背負ったままの10歳くらいの少年だった。

http://www.sharedmemo.com/erytruqr/ http://ja.mangareborn.jp/users/14569