暴力団幹部ら4人が警視庁に逮捕された。

東京・新宿区の歌舞伎町で、見ず知らずの男性に因縁をつけて、集団で暴行し、けがをさせた疑いで、暴力団幹部ら4人が警視庁に逮捕された。
指定暴力団住吉会系の幹部・原田英俊容疑者(41)ら4人は、2016年5月、歌舞伎町のビルの入り口で、見ず知らずの男性(36)に、「https://www.eniblo.com/rtyrtaer http://iralog.nosv.org/b/rtyrtaer/何こっち見てんだよ」などと因縁をつけて、集団で顔や頭を殴るなどして、けがをさせた疑いが持たれている。
原田容疑者らは、「今度、歌舞伎町で見たら殺すぞ」と言って立ち去ったが、防犯カメラの映像から4人の関与が浮上した。
調べに対し、一部は容疑を否認している。
JR静岡駅前で衣服を脱いで下着姿になったとして、静岡県警は7月8日、公然わいせつの疑いで女性(43)を現行犯逮捕した。警察の取り調べに、女性は「暑かったから脱いだ」と供述しているという。

報道によると、女性は7月8日午後1時40分ごろ、JR静岡駅前の広場で突然、下着姿になった。ブラジャーとパンツだけを身に着けている姿を通行人が見つけて、警察に通報した。女性の足元には、ポロシャツとズボン、サンダルが脱ぎ捨てられていた。

スポーツ報知によると、県警は「このままではエスカレートする可能性があったので、逮捕という判断になった」と説明しているという。はたして、ブラジャーとパンツだけを身につけている姿になると、「http://vururu.jp/profile/14644/ https://www.wish-note.com/u/rtyrtaer公然わいせつ罪」になのだろうか。奥村徹弁護士に聞いた。